国家公務員について

国家公務員は国の行事や国民全員にかかわる仕事をしているため、地方公務員と比べると仕事の内容はその分責任が重く、国の機密情報といったものに触れる機会も増えます。国家公務員も2つに分けることができ、特別職では国会議員があり、他にも裁判官、防衛省の職員が特別職となります。一般職はそのほかのすべてを指しています。

国家公務員は国家機関の専門職ともいえます。経済や地球環境、外交、税金、労働問題や国の安全といった国単位のスケールの大きな仕事となります。昔は女性がいませんでしたが、近年では男女の差が減り、女性の採用が伸びています。育児休暇や産休制度といった制度も整っているため、女性に働きやすい環境となっています。

多くの人は本庁で働いていますが、地方の機関で働いている人もいるため、中央だけでなく日本全国ではたらいています。採用後にも様々な研修などが用意されているため、採用した後も個々の能力を伸ばし、自身の力を発揮できるような場所も多くあります。仕事の中には異動や省庁同士の交友もあるため、専門性を高めることができる環境が整っています。試験が3種類あるため、どの試験を受けるかによって配属先が変わってきます。