地方公務員について

地方公務員は国家公務員と比べて地域との密着性重が重要で、その地域に対してはどうすればよりよくなるのかと言ったことを中心に活動していきます。そのため、実際の意見を生きて、行動を起こすような行動力がある人が向いているともいえるでしょう。

そのような地方公務員ですが、一般職と特別職とに分かれています。まず特別職ですが、これは応募するといったことではなく、選挙といった住民に選んでもらうことで着くことができる、知事や副知事といったものを指します。一般職は特別職ではないものすべてと種類は多くなっています。

地方公務員は企業と違い、安定していて、残業が少ないと思われているかもしれませんが、実際にはその部署ごとに特色があり、一概にどうとは言い切れません。安定しているという点では不景気では高く見えますが、好景気になるとお給料は他と比べて少額になるといった面もあります。しかし、多くの場所が週休2日を基本としているため、今の時代では恵まれた環境であるともいえるでしょう。また、3から5年おきに移動があるため、それがデメリットでもありますが、移動により様々な場所で働くことができ、経験を積める。人間関係がうまくいかないとしても数年で別れることになるなどの利点もあります。