公務員とは

公務員と聞くと書類仕事のイメージが多いのではないでしょうか。しかし、公務員と言ってもその仕事の内容は宇宙へ飛び立つロケットから橋やダムといった多くの人と技術が必要なものから、消防士やごみ処理といった身近にあるようなものまで様々なものがあります。

公務員はまず国家公務員と地方公務員に分かれています。まず、国家公務員は国の行事や国民全体にかかわることを仕事としています。各省庁や裁判所、国会といった国の運営する機関に所属し、国に近いため責任の重い仕事が多く回ってきます。そのため、機密情報といったものも少なくありません。しかし、その分スケールの大きな仕事も多くなるため、国のために働いているという実感も強く、達成感が大きな仕事と言えるでしょう。

地方公務員は治安や教育、交通といった場所で、地域に密着した仕事が多くなっています。役所で働く人だけではなく、学校や病院、図書館といった場所で仕事をしている人たちも地方公務員です。地方公務員は国家公務員と比べて住民との距離がとても近くなっています。街づくりや教育、福祉、産業と仕事もさまざまです。住民の声を聴いて何が必要となっているのかを求め、よりよくするのが主となるため、やったことへの実感がわきやすく、目に見える形で反映される職と言えるでしょう。