国家公務員について

国家公務員は国の行事や国民全員にかかわる仕事をしているため、地方公務員と比べると仕事の内容はその分責任が重く、国の機密情報といったものに触れる機会も増えます。国家公務員も2つに分けることができ、特別職では国会議員があり、他にも裁判官、防衛省の職員が特別職となります。一般職はそのほかのすべてを指しています。

国家公務員は国家機関の専門職ともいえます。経済や地球環境、外交、税金、労働問題や国の安全といった国単位のスケールの大きな仕事となります。昔は女性がいませんでしたが、近年では男女の差が減り、女性の採用が伸びています。育児休暇や産休制度といった制度も整っているため、女性に働きやすい環境となっています。

多くの人は本庁で働いていますが、地方の機関で働いている人もいるため、中央だけでなく日本全国ではたらいています。採用後にも様々な研修などが用意されているため、採用した後も個々の能力を伸ばし、自身の力を発揮できるような場所も多くあります。仕事の中には異動や省庁同士の交友もあるため、専門性を高めることができる環境が整っています。試験が3種類あるため、どの試験を受けるかによって配属先が変わってきます。

地方公務員について

地方公務員は国家公務員と比べて地域との密着性重が重要で、その地域に対してはどうすればよりよくなるのかと言ったことを中心に活動していきます。そのため、実際の意見を生きて、行動を起こすような行動力がある人が向いているともいえるでしょう。

そのような地方公務員ですが、一般職と特別職とに分かれています。まず特別職ですが、これは応募するといったことではなく、選挙といった住民に選んでもらうことで着くことができる、知事や副知事といったものを指します。一般職は特別職ではないものすべてと種類は多くなっています。

地方公務員は企業と違い、安定していて、残業が少ないと思われているかもしれませんが、実際にはその部署ごとに特色があり、一概にどうとは言い切れません。安定しているという点では不景気では高く見えますが、好景気になるとお給料は他と比べて少額になるといった面もあります。しかし、多くの場所が週休2日を基本としているため、今の時代では恵まれた環境であるともいえるでしょう。また、3から5年おきに移動があるため、それがデメリットでもありますが、移動により様々な場所で働くことができ、経験を積める。人間関係がうまくいかないとしても数年で別れることになるなどの利点もあります。

公務員とは

公務員と聞くと書類仕事のイメージが多いのではないでしょうか。しかし、公務員と言ってもその仕事の内容は宇宙へ飛び立つロケットから橋やダムといった多くの人と技術が必要なものから、消防士やごみ処理といった身近にあるようなものまで様々なものがあります。

公務員はまず国家公務員と地方公務員に分かれています。まず、国家公務員は国の行事や国民全体にかかわることを仕事としています。各省庁や裁判所、国会といった国の運営する機関に所属し、国に近いため責任の重い仕事が多く回ってきます。そのため、機密情報といったものも少なくありません。しかし、その分スケールの大きな仕事も多くなるため、国のために働いているという実感も強く、達成感が大きな仕事と言えるでしょう。

地方公務員は治安や教育、交通といった場所で、地域に密着した仕事が多くなっています。役所で働く人だけではなく、学校や病院、図書館といった場所で仕事をしている人たちも地方公務員です。地方公務員は国家公務員と比べて住民との距離がとても近くなっています。街づくりや教育、福祉、産業と仕事もさまざまです。住民の声を聴いて何が必要となっているのかを求め、よりよくするのが主となるため、やったことへの実感がわきやすく、目に見える形で反映される職と言えるでしょう。

公務員の仕事について

公務員になりたいという方は、実際にどのような仕事があるのか、種類はどのように分けられているのかと言う事を知る必要があります。当サイトでは、公務員に関する情報を紹介しているので、将来的に公務員を目指している方はチェックしてみてください。

まず、公務員と耳にするとどのような仕事をイメージされるでしょうか。多くは書類関係の事務作業という印象があるかもしれませんが、実際には技術者として働いていることもあれば、警察官や消防隊員のように、現場で働いているということもあります。つまり、それほどに公務員という仕事は一つに絞られるものではなく、多彩な業務に分けられているのです。

大きく区別すると地方公務員というのが身近な存在と言えます。これは地域との密着性の高い分野で、例えば市区町村の職員であったり、教員、警察官や消防隊員などの仕事が地方公務員にあたったりします。公務員を目指している方の中には、これらのような地方公務員を希望して勉強されている方は少なくありません。

次に国家公務員というのがありますが、これは国民全員に関係したり、国の行事に関する仕事を行ったりしています。例を挙げると、裁判官や防衛省の職員などがこれに該当します。比較的高度の職業でありますが、学歴や試験次第でなることは十分に可能です。当サイトでは、これらのような公務員に関する情報を紹介しています。より具体的に知りたい、という方は是非、チェックされてみてはいかがでしょう。